藤井寺市・羽曳野市で首・肩・腰・膝の痛みなら「阪井鍼灸整骨院」にお任せください

診療時間・休診日

072-937-5121

ニュース

ニュース&ブログ記事

腰にタオルを敷くと腰痛がまし

腰にタオルで腰痛がましになるのは、

悩みを抱えている方なら誰でも一度は経験があるものです。

 

なぜましになるのかといえば、

それはタオルによって腰の位置が上がり、

負担が軽減されるのが理由です。

 

就寝時に腰が痛くなる方は、

寝具が体にあっていなかったり、

沈み込み過ぎて腰の負担が増加しているケースが少なくないといえます。

 

しかし、腰にタオルを敷くことで、

沈み込みが改善されて腰の負担が和らぎます。

 

これがタオルを敷くことと、

なぜましになるかという簡単なメカニズムとなります。

 

仰向けで腰が浮いている状態だと、

無意識的に姿勢を保つ為に腰に力が入ります。

 

この無理が疲労の蓄積を発生させたり、

腰痛を引き起こす引き金になると考えられます。

 

筋肉が緊張して血流が妨げられますから、

疲労物質は蓄積する一方で、痛みは弱まるどころかむしろ強くなります。

ところが、腰の下にタオルを敷くと、

姿勢の維持に無理な力が必要なくなるので、

筋肉の緊張がほぐれて血流も改善されます。

 

完全に痛みがなくなることはないとしても、

タオルの有無で腰痛の強さに違いが現れることはあるでしょう。

 

持ち上げるのが良いからと、

タオルを何枚も重ねて極端に厚みを持たせるのはNGですが、

適度に腰にフィットさせたり、負担を軽減する使い方なら腰痛がましになります。

 

根本的な悩みの解消には、

寝具の見直しや日常生活の姿勢も変える必要がありますが、

応急的にはタオル1枚で対応できます。

 

タオルの厚みの目安としては腰が軽く持ち上がる程度で、

力を入れなくても自然に背筋がS字カーブを描くのが理想的です。

 

阪井鍼灸整骨院では腰痛には姿勢の調整と

電気鍼による腰の深部への刺激が

一番いいものと考えています。

 

 

実際当院に来院される方の腰痛の方は姿勢の調整と

電気鍼の両方を回数券を購入してされている方が多いように思います。

ご来院お待ちしております。

一覧に戻る

診療案内

  • 保険施術
  • SOT骨盤調整
  • はり施術
  • さかい整体
  • 美容鍼
  • 患者様の声
  • 交通事故治療
  • 求人情報
  • 阪井鍼灸整骨院のスタッフブログ

ページトップへ