藤井寺市・羽曳野市で首・肩・腰・膝の痛みなら「阪井鍼灸整骨院」にお任せください

診療時間・休診日

072-937-5121

ニュース

ニュース&ブログ記事

肩こり寝ながらストレッチ

肩こりはストレッチをすることでほぐすことが出来ますが、

そのストレッチの中には寝ながら行えるものもあります。

 

寝ながらストレッチは

体を休めつつ行えることや起きてすぐに行いやすいことが

大きなメリットです。

 

肩こり解消の寝ながらストレッチをする際には

まず体を横向きにします。

 

その状態から上になった方の腕を伸ばして後ろへと回していきます。

 

初めは回しづらい可能性がありますが、

その場合には腕を伸ばすようにしてゆっくりと動かします。

 

テニスボールを使ったストレッチもあります。

その場合には床と体の間にテニスボールを置きます。

その上に仰向けになって寝ころびます。

体を円を描くようにゆっくりと回し、

ほぐしていきます。

 

次に胸の前にテニスボールを乗せて

手で円を描くようにゆっくりと回し、

ほぐしていきます。

 

 

外まわしと内まわしで手の回し方を変えることが有効です。

 

これを外回り3回、内回り3回行います。

 

1セット終わるごとに位置をずらすのがポイントであり、

身体の広範囲をほぐすことが出来ます。

 

肩こりのほぐしストレッチを行うときに大切なのが室温です。

 

室温が極端に低いと体がほぐれにくく、

室温が極端に高いと疲労感が生まれやすいので注意しておきましょう。

 

ちょうど良いくらいの室温に適切に調整することが重要です。

 

十分なスペースを用意することも大切といえます。

 

寝転がるスペースに余裕があるとストレッチの際に体を動かしやすく、

存分にほぐすことが可能となります。

 

徐々に暑さが出てきて、疲労が溜まりやすくなってきています。

 

 

今のうちに体調を整えましょう。

 

一覧に戻る

診療案内

  • 保険施術
  • SOT骨盤調整
  • はり施術
  • さかい整体
  • 美容鍼
  • 患者様の声
  • 交通事故治療
  • 求人情報
  • 阪井鍼灸整骨院のスタッフブログ

ページトップへ